Science CGは正確さが第一。率直に言えば、見栄えは二の次になることが多いです。

しかし、画像の見栄えが良い方が注目を浴びやすいことは事実です。

学会に参加経験のある研究者の方々なら、ポスターでも同じことが起こることを感じたことはないでしょうか。

そこで、CG製作のポイントとして「環境設定」というものがあります。
環境設定とは、「背景画像」「光・照明」の設定を行うことです。
ここでの照明とは、3D空間内に配置する疑似的な照明を指します。

1.背景画像
6.image

Blenderでは、背景に画像を貼りつけることが出来ます。
例えば上の画像をご覧下さい。宇宙空間に人工衛星と地球があるのが分かると思います。
しかし、宇宙空間は3DCGで作ったものではありません。
ただの宇宙画像の無料素材を貼り付けただけであり、制作時間も15分程度です。

この画像を普通にフルCGで作ろうとなれば、専門家が数時間掛けて作ることになります。
ところが実際は、単に画像を貼り付けるだけでも、簡単に見栄えの良いCG図画が制作可能になります。

 


2.照明・光の設定

次に光の効果です。これを完璧に説明するには、それだけで本1冊ができるレベルなので割愛します。
特に重要なパラメータとしては「証明の種類」、「光の強さ」、「証明の位置」の3つになります。

(1)全体的に明るい、ヘミ光源を1個配置
ennsyu4.3-thumbnail2

空間全体がほぼ等しく明るくなるため、ややベタ塗感が強くなります。
棒の物体には光の反射・屈折の物理演算を加えているのですが、あまり反映されていません。

 

(2)点光源(Point Light)1個配置
ennsyu4.2-thumbnail2

点光源については、豆電球をイメージして貰えれば大丈夫です。
明暗や影が明確になります。
1個しか配置していないので、全体的に暗くなります。
ヘミ光源よりも、届く光の強弱が明確なので透明やガラスっぽい質感も把握しやすくなります。

 

(3)新たに点光源を1個追加
ennsyu4.1-thumbnail2

空間内の光量が増えたため、全体的に明るくなりました。
手前側の物体の質感が分かり易くなっています。

 

このように、光を操作するだけで見栄えは大きく変化します。
映像制作の専門家によると、撮影の世界でも光の具合を制御するには高度な知識と経験が必要です。
これは専門用語で “ライティング Lighting” といい、強さの違う複数の光源
「主光源」「副光源」を配置するのは見栄え向上を狙う際の常套手段となっています。