Blenderの物理シミュレーション機能を使えば、難しいプログラミングの知識は必要ありません。

慣れさえすれば30分程度の作業で流体を再現できます。