研究者のみならず、ほとんどの方はCGクリエイターに制作を依頼すると
高額な費用がかかると思う方が多いと思います。
一方で、研究費など様々な諸事情により,可能な限り安く短期間で
依頼したいと思う方もいると思います。

 

そこで,弊社はそのニーズを満たすための製作受注をしております。
その際,「依頼するテクニック」を使用するとさらにスムーズに安く依頼することができます。
今回はそのために必要な3つのアイテムを紹介します

 

1.ラフ画(動画の場合は絵コンテ)

s_00012028329

まずはラフ画または絵コンテです。これは制作進行の道筋を決める際に非常に重要な
要素となります。制作相談の段階での有無で、制作期間が1週間近く変わることもあります。
製作側は、これを元に,製作する3Dモデル・視覚効果・動画の尺を決めています。
よって弊社の見積もり作成時も、ラフ画・絵コンテを元にしています。
弊社が委託先から聞いた内容で絵コンテを描く場合もありますが、
研究をやっている当本人が描いた方がより正確性です。

上の絵コンテはかなり細かく描いていますが、実際はここまで詳細にする必要はありません。
「何が、どのタイミングで、どうする」位が分かれば十分です。

 

 

2.論文や画像などの資料
詳細な試料も重要です。というのも我々のような科学を知る作り手でも、
全分野の研究は知らないことがあるからです。
具体的な実験原理や物体の質感や形状を知ることは制作を行うために必要不可欠な
ことなので、場合により参考論文や参考画像等の提供をお願いしています。
「研究のアウトリーチのサポート事業」である以上、委託者にとっての研究の
推しポイントを把握する必要もあります。

分野によっては、お客様とのヒアリングを通じて制作をしています。
幸いなことに弊社には理系出身のスタッフがおりますので,物理・生物・化学・医学・数学など
の話を聞けば大方のイメージは湧きます。あとはイメージを掘り下げて形にしていくだけです。

また3DCG内では「テクスチャ」という手法が存在し、頂いた画像をそのままCGにはめ込んで
作品にすることも可能です。特に測定結果のグラフなどをCG内に表現したい時に利用すると製作が
短期間で済むと同時に、見積もりの段階から安くすることも可能です。

 

 

3.完成済みの3Dモデル
そして最後に重要なものは、完成済みの3Dモデルデータです。
これはそのまま静止画や動画に組み込むことができるので一気に制作進行が早くなります。
さらに、3Dモデルを提供頂ければ、お見積もりが数千円~数万円お安くなる場合もあります。
それは,3DCG制作ではモデリング(形状制作)に最も時間を要するためです。
3Dモデルには様々なデータ形式がありますが、どの3DCGソフトでも大抵のデータ形式に
対応しています。

最近ではサンプルを顕微鏡で観察する際、ご使用のソフトウェアで観察物を3Dデータにできる
場合もあります。実験データの見せ方も3Dに寄ってきているようです。

pdb-thumbnail2

立体分子モデルはProtein Data Bank(以下PDB)などのデータベースからpdbデータとしてダウンロード
できますが、データベースを使用する時には注意が必要です。
「〇〇の分子をここに組み込んで欲しい」と言う依頼も過去に頂きましたが、
PDBには同じ分子模型でも異なる状態(分子間距離や別分子の結合)で登録されている場合がありますので、
「データベースのこのデータを参考にして欲しい」など具体的な指定を頂くことをお願いしています。

間違ったデータを使用すると、当然間違った表現になりかねません。
研究を行うお客様本人から
データを指定してもらう事は殊更に重要になってきます。

3Dモデルに関する知識は、Science CG塾にて学ぶことが出来ます。
ラボなど組織内の1人だけが知識を持っているだけで、より効率的な製作が可能となります。

 

以上3点が制作依頼時に意識して頂けると助かる点になります。
もっとも、初めての方には慣れない部分も多いかと思いますので、
初めの相談の時点でサポート致します。